カテゴリー

アクセスの多い記事

« オサマ・ビン・ラディンとアメリカ経済危機 | トップページ | イスラエル:モサド副官の娘が兵役を拒否 »

2008/10/03

アメリカ金融危機の雑学クイズ

「わが国の経済状況に悲観的な批評家達に私は言いたい:景気について女々しいことを言うな!

アーノルド・シュワルツェネガー加州知事、2004年共和党全国大会で、ブッシュ大統領再選を応援する演説での発言

雑学クイズ(1):リーマン・ブラザーズ社CEOリチャード・ファルドと米財務省長官ヘンリー・ポールソン、ウォールストリートで儲けたのはどちら?
回答:おそらく、ポールソン長官。ポールソン長官は、ゴールドマンサックス社CEOを勤めていた7年間で、総額1億4,000万ドル(約147億5,862万円)の給与を受け取った。さらに、2006年6月に財務省入りが決まると、政府倫理規定に従い保有していた同社の株323万株を売却。その当時の評価額で、およそ4億8,500万ドル相当(約511億6,320万円)を手にした。※1一方、リーマン・ブラザーズ社CEOリチャード・ファルドは、1993年から2007年の間におよそ5億ドル(約526億円)の給与を受け取っている。ちなみに2007年度の報酬額は、4,500万ドル(約47億4,860万円)だった。※2
雑学クイズ(2):破綻したリーマン・ブラザーズ本社には現金は残っていないの?
回答:報道によれば、破綻が明らかになる直前の2008年9月12日までに、リーマン・ブラザーズのヨーロッパ各支社及び子会社から、現金80億ドル以上がニューヨーク本社あてに移送されていたことが明らかになっている。※3また、これも破綻した後で明らかになったらしいが、リーマン・ブラザーズのニューヨーク本社には、1万人の本社従業員向けボーナス資金として、現金で25億ドル(約2,635億円)がプールされていた。※4150年以上の伝統を誇る名門だけあって(潰れちゃったけど)、従業員(本社だけ)を大切にしていたということかもしれないが、こうしたニュースを知った世界中の従業員はえらく怒っているという。
雑学クイズ(3):アメリカ経済に関してブッシュ政権が繰り返し唱えてきた決まり文句は?
回答:「我が国の経済基盤は強固です。(The fundamentals of the U.S. economy are strong.)」しかし9月中旬から、ホワイトハウス広報担当官はこのフレーズを避けるようになった。※5
雑学クイズ(4):ホワイトハウスが避ける決まり文句を未だに言ってる閣僚は誰?
回答:コンドリーザ・ライス国務長官。9月24日に彼女は言った:「国民は合衆国を信頼しています。大統領が仰るように金融危機の状況にありますが、我が国の経済基盤は強固です。」※6
雑学クイズ(5):ブッシュ政権の7,000億ドル金融救済法案を巡って、上院がほとんど賛成派で下院に反対派が多いのはなぜ?
回答:確かな理由は不明。でも、金の流れを追ってみると、1989年から2008年までに金融業界から政治献金を受け取った議員ランキング(下の表)に登場するのは圧倒的に上院議員が多い。※7

Financial sector contributions to Congress, 1989-2008

さらに、金融業界の政党別献金配分トレンド(下のグラフ、青が民主党、赤が共和党)を見ると、2006年度中間選挙で共和党から民主党に乗り換えていることがわかる・・・※8

Securities & Investment: Long-Term Contribution Trends

2008年度の金融業界における献金企業ランキングと政党別割合(下の表※9)を見ると、トップがゴールドマンサックスで、献金割合は民主党に73%、共和党に27%。2位がモルガン・スタンレーで民主党59%、共和党41%。他にもメリル・リンチ、リーマン・ブラザーズ、ベア・スターンズ・・・

Securities & Investment: Top Contributors to Federal Candidates and Parties

2008年度、金融業界から献金を獲得した議員ランキング(下の表※10)のトップは、言うまでもなくバラク・“ザ・改革(CHANGE)”・オバマ上院議員!他にもヒラリー上院議員、マケイン上院議員、クリストファー・ドッド上院議員(上院銀行委員会の委員長)・・・7,000億ドル金融救済法案を推進してる連中がズラリ。

Securities & Investment: Top Recipients

雑学クイズ(6):金融危機を招いた原因について米議会は責任追及できる?
回答:調査はするだろうが、前途多難。たとえば、米下院政府改革委員会のヘンリー・ワックスマン委員長(民主党下院議員)は、10月6日にリーマン・ブラザーズCEOリチャード・ファルド、7日にはAIGグループのCEOロバート・ウィルムスタッドに、同委員会で宣誓証言するよう求めている。それに先立ち、ワックスマン議員はリーマン・ブラザーズCEOに、過去6ヶ月間分の社内文書及び電子メール記録を議会調査部に提出するよう命令したが、リチャード・ファルドCEO側は、重大な時期の社内文書や記録類をすでに廃棄してしまったので、何も提出できるものがない、と回答しているらしい。※11

« オサマ・ビン・ラディンとアメリカ経済危機 | トップページ | イスラエル:モサド副官の娘が兵役を拒否 »

資本主義の暴走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42662941

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ金融危機の雑学クイズ:

« オサマ・ビン・ラディンとアメリカ経済危機 | トップページ | イスラエル:モサド副官の娘が兵役を拒否 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31