カテゴリー

アクセスの多い記事

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/23

2004年度大統領選挙における電子投票システム不正への関与が疑われた重要証人が事故死

マイケル・コネル氏

事故死した共和党系選挙ITコンサルタントのマイケル・コネル氏(享年45)。


ジョージ・ブッシュ大統領再選キャンペーンと、ジョン・マケインの2008年度大統領選挙キャンペーンでITコンサルタントを務め、“ブッシュの頭脳”カール・ローブのIT教祖と讃えられたコンピューター技術者マイケル・コネル氏が、19日に飛行機事故で死亡したと地元メディアが伝えている。

オハイオ州のアクロン・ビーコン紙によると、12月19日午後6時頃、コネル氏自ら操縦する自家用飛行機が、オハイオ州アクロン・カントン空港に隣接する住宅に墜落・炎上し、コネル氏本人の死亡が確認されたとのこと。事故原因は目下調査中とされる中、関係者からは謀殺の声も上がっている。デモクラシー・ナウもこの件で特集を放送している

マイケル・コネル氏は、2004年度大統領選挙で、大混乱となったオハイオ州の電子投票機を巡り、民主党ケリー候補への投票をブッシュ側へ変換する細工を行ったとの疑いをもたれ、2008年に地元市民団体から訴えられていた。今年10月には同裁判で証人として出廷し、選挙不正の嫌疑を否定したばかり。訴訟を提起したクリフォード・アーンベック弁護士は、重要証人であるコネル氏の身辺に危惧を感じ、今年7月に司法省に証人保護申請をしていた。

地元テレビ局の報道によれば、亡くなったマイケル・コネル氏は、最近では親しい友人たちから、破壊工作の恐れがあるので飛行機の操縦を控えるよう忠告されており、過去2ヶ月間で2度、航空機の不具合で飛行をキャンセルしていたという。2004年度大統領選挙時の不正問題を追及してきた関係者たちは、コネル氏の件に謀殺の疑いもあるとして、当局による事故原因調査の展開を注視している。

続きを読む "2004年度大統領選挙における電子投票システム不正への関与が疑われた重要証人が事故死" »

2008/12/17

米国政治ジョーク:ブッシュのイラク記者会見靴投げ事件編

12月14日、イラクを電撃訪問したブッシュ大統領は、マリキ首相との共同記者会見中にイラク人記者から靴を投げつけられた。投げられた靴をうまく躱してみせたブッシュだが、落ち着き払って靴を払い落とそうとブッシュの前に手を広げたマリキ首相の態度に比較すると、合衆国大統領はずる賢い小心者にしか見えず、しかもそれが映像に残ってしまった。まさしくブッシュ政権8年間を象徴する事件である。

靴を投げたのは、エジプト本社の衛星放送局アル・バクダディアのイラク支社に勤めるテレビレポーター、ムンタデル・アル・ザイディ氏(29歳)。事件後、彼はアラブ社会で英雄として賞賛されており、無罪放免を求める声はいよいよ高まっている。(もちろん、イラク国内では客人のもてなしとしてふさわしくないと、記者の行為を批判する声もある)

サウジアラビアでは、或るお金持ちが記者の投げた靴を1つ1,000万ドルで買い取ると新聞に発表した。リビアでは、カダフィ大統領の娘が、靴を投げた記者に名誉勲章を与えると賞賛している。イラク政府は公式にアル・バクダディア社に対し謝罪を求めているが、放送局側は今のところ謝罪の構えを見せていない。一方、記者の実弟メイセム・アル・ザイディ氏はずっとテレビに出ずっぱりで兄を擁護しており、彼に対してすでにアラブ世界から100人以上の弁護士が協力を申し出ているという。

ブッシュを面前で批判したジャーナリストといえば、2004年のアイルランド訪問時にインタビューで活躍したキャロル・コールマンの事例が有名だが、彼女に比較すると今回のイラク人記者のやり方はとても褒められたものではないだろう。なにしろ、二度も的を外したのだから。


ジェイ・レノ:
「さて皆さん、ようやくブッシュ大統領の特技が見つかりましたね。ドッジボールだ!

皆さんご存じのように、昨日イラクで、ブッシュ大統領は靴爆弾で攻撃されました。ブッシュ大統領がイラクで記者会見している最中に、記者の一人が1足の靴を大統領めがけて投げつけたのです。ブッシュ大統領がどうなったか見た?靴を避けるために大統領はどうしたと思う?彼はこれまでにないことをしたんだ。左に傾いたんだよ!

おいおい!認めなきゃ!人物評価がどうであれ、ブッシュは優れた反射神経の持ち主だよ。ビル・クリントンも感心してるさ。だって、クリントンは靴とか、皿とか、照明器具とか、何でも避けられる専門家だもんな。

さて、問題はここだ。悪気はないんだよ。でも、シークレットサービスは何やってたの?少なくとも2つめの靴が飛んできた時には正面に飛んでこなきゃいけないでしょ?まあ、これでブッシュも任期が終わりだって悟っただろうね。シークレットサービス曰く“だって今は次期大統領を警護してるんだもん”。

さて、俺のお気に入りはこれ。CNN放送はイラク文化の専門家を引っ張り出した。専門家が言うには“何が起きたのか説明しましょう。アラブ社会では、誰かに向かって靴を投げるのは侮辱を意味するのです。”えっそうなの?アメリカと正反対だね。ここじゃ最大の賛辞になるもんね。

まあ、面白いことに、靴を投げつけた当の記者はすぐ逮捕されて、それからMSNBC放送への出演オファーを受けたってさ。」
MSNBC12月15日放送分
デビッド・レターマン:
「・・・ブッシュを褒めなきゃね。なにしろ、ものすごく素早い動きだっだからな。実に見事な対応だったよ。他の時も同じくらい素早く対応できてればねえ。ビン・ラディンとか、ハリケーン・カトリーナとか、ビン・ラディンとか住宅ローン危機とか、ビン・ラディンとかアフガニスタンとか、ビン・ラディンとかリーマン・ブラザーズとか・・。まあ、記者会見でさよならするためにあそこに行ったら、記者に靴を投げられたってわけだ。でもブッシュは見事だった。ブッシュがあんなにうまく逃げられたのはベトナム戦争以来じゃないかな?」
CBS12月15日放送分

2008/12/15

先週の米国政治ジョーク傑作選

ジェイ・レノ:
「昨日、バラク・オバマ次期大統領は、“ミート・ザ・プレス”に出演した際に、経済について“回復するまでは悪化するだろう”と発言しました。ああ、選挙は終わったんだなあと実感できますねえ。選挙前のこと憶えてる?“The audacity of hope!(大胆な希望)”!“Yes, we can!(私たちには出来る)”“A change we can believe in!(私たちの信じる変革)”だったけど、今じゃ“We’re all screwed.(みんな騙された)”。」
ジェイ・レノ:
「クリス・ドッド上院議員は、救済策の条件として、GM社CEOは辞職すべきだと発言しました。議員の感覚では、巨額の負債を抱えて、アメリカ国民の望むものを提供できないのなら、辞職すべきだというんです。ちょっと待てよ、ドッド議員はどうやって今の地位を維持してきたんだ?」
ジェイ・レノ:
「USAトゥデイ紙によれば、中国で工場が次々と閉鎖された影響で、暴動が急増しているそうです。専門家によれば、もしも今後この傾向が続くなら、アメリカは鉛で汚染された製品を独自に製造することになるだろうって。」
(以上、source:NBC12月8日放送分より抜粋

続きを読む "先週の米国政治ジョーク傑作選" »

2008/12/04

ムンバイ同時多発テロ:残りの犯人グループが逃走中?

11月29日までに収束が伝えられていたムンバイ同時多発テロ事件で、少なくとも5人前後の実行犯が現在も逃走、もしくは活動している可能性があり、インド治安当局は現在も海岸地区を中心にテロリストの捜索を続けていると、インド国内紙インディアタイムズ紙が12月3日付けで報道している

英タイムズ紙がインド治安当局筋の内部情報として伝えたところでは、犯人グループがムンバイ上陸に使用したボートに残した装備品は15人分あり、すでに実行犯と特定された10人(9人が射殺、1人拘束)以外に5人が、武装して上陸している可能性が高いという。

続きを読む "ムンバイ同時多発テロ:残りの犯人グループが逃走中?" »

2008/12/01

インド・ムンバイ同時多発テロ:警告はあった

11月26日夜から勃発したインド・ムンバイ同時多発テロ攻撃は、11月29日までにほぼ鎮圧された。これまでにわかったところでは、195人が殺害され、300人以上が負傷者しているという。犠牲者には5人のアメリカ国民、1人の日本人も含まれている。現在も遺体の捜索は続いており、死者は300人を超える見通しであるという。

Book_2

ラシュカル・エ・トイバ(LeT)とISIについて詳細に解説されている書籍『ジハード戦士 真実の顔――パキスタン発=国際テロネットワークの内側ジハード戦士 真実の顔

これまでの報道によれば、犯人グループは10人で、9人が射殺され1人が捜査当局に拘束されている。生き残った実行犯はアザム・アミール・カザフ(21歳、アジマル・カサブの別名あり)で、尋問でテロ計画の詳細を白状しはじめているらしい。それによれば、当初犯人らはタージマハールホテルを爆破し、5,000人ほど殺害して後にパキスタン側に引き返す計画であったという。

続きを読む "インド・ムンバイ同時多発テロ:警告はあった" »

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31