カテゴリー

アクセスの多い記事

« 2010年12月 | トップページ | 2016年5月 »

2011/02/21

書評:『ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争』

「利用者参加型オンライン百科事典「ウィキペディア」と同様の形式を使い、政府などの内部告発文書を公開、検索できる場をネット上に作ろうという「ウィキリークス(Wikileaks.org)」計画が進んでいる・・・」。2007年1月24日、産経新聞はそう報じていたらしい。たしかにそんなニュースを目にした憶えがあるが、あの頃はたいして気にもとめなかった。

しかし、それからわずか4年後、毎日ニュースサイトをチェックする中で、ウィキリークスに関する報道を追わない日はなくなった。しかも今年になってからは、ウィキリークス関連の書籍刊行が続いている。今回はその中でも特に重要な書籍、『ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争』(講談社)を読んだので感想を報告。この本は、ウィキリークスと連動報道してきた英ガーディアン紙の書籍『WikiLeaks: Inside Julian Assange's War on Secrecy』の邦訳である。この邦訳本、おそらく当初は英日同時刊行の予定で物凄い勢いで翻訳編集作業が行われたはずだ。実際にはガーディアン紙が英国内で予定よりも早く刊行し、しかもその抜粋をいち早くオンラインで公開してしまったが、大急ぎで出版された邦訳本にしては、カバーデザインから翻訳内容まで、実に良くできている。


続きを読む "書評:『ウィキリークス WikiLeaks アサンジの戦争』" »

« 2010年12月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31