メイン記事へジャンプ

カテゴリー

アクセスの多い記事

04/14/2004

小泉とブッシュ、頭脳まで共有?

テロとの戦いにおいては、味方につくか、敵にまわるかの、どちらか一方しかない。」

(You are either with us or you are against us in the fight against terror.)

---ジョージ・W・ブッシュ、同時多発テロ後、東欧諸国首脳とのビデオ会議中に発言(2001年11月6日)---


「誘拐は許されざる犯行だ。その言い分に味方するような言動は慎むべきだ。」

---小泉純一郎、イラク日本人人質事件の犯行グループを首相が「テロリスト」と呼んだために人質解放が遅れているとの見方があるという記者に対する発言(毎日新聞:2004年4月14日)---

| | コメント (1) | トラックバック (0)

02/23/2004

ブレアがブッシュのプードルならば

ロスアンゼルスタイムズ2004/02/18の記事(commondreamsの転載ページ)より。

もしブレアがブッシュのプードルというなら、小泉首相はブッシュのコッカー・スパニエルだ

このような比喩は犬たちに失礼である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

12/31/2003

日本がイラク債権放棄:CNNが見た小泉首相

日経新聞2003/12/29の記事より、アジアの経済大国リーダーの頼もしい言葉を引用しよう。

「日本もかなりの債権放棄を行う用意がある」
あれま。小泉さん、あんたを見てるとサラリーマン時代に遭遇した上司を思い出すよ。その人物は米国本社からディレクターが来日する時だけ、わざと英語がしゃべれない部下ばかり集めてミーティング、白人上司に思いつきのストラテジーを耳打ちしながらありもしないリーダーシップを偽装したかと思うと、日本人だけの時には「俺は雇われ社長だからサ」と方針も責任も部下に丸投げ。成果があれば本社に自分のお手柄としてレポート。失敗があれば部下の責任。「キャリアパス」が口癖の団塊オヤジだった。

つまり、そういうことなのだ。日本はもはやコーポレートアメリカのFC店舗で、気前のいいATMマシンも設置済みのコンビニで、小泉首相など雇われ社長にすぎない。

・・・冷静になってアメリカの反応を見てみよう。日本のイラク債権放棄を伝える米CNNの2003/12/28の記事を見て欲しい。どう考えてもムチャな要求をされてるのに、「世界19の債権保持国中、最大の債権国首相」は、借金踏み倒しの依頼に対して、いきなり薄ら笑いで対応している。ヘッドラインのニュアンスは「日本は“喜んで”イラク債権を放棄」。CNNは日本の対応を明らかに気味悪がっているのではないか(もしくはおちょくっている)。

ホワイトハウスに「お手!」と言われて右手を差し出す前に、最近の買物の支払い条件とか、日本のご近所付き合いとか、日本がアメリカと条件交渉すべきことはゴマンとあったのだ。息子のCM出演交渉が激減したからといって、小泉首相が弱気になる必要はないではないか。

「他国は債権放棄に同意」なんてベーカーの話を額面どおり受け取ってはいけない。何度も申し訳ないが、前もって神崎代表(日本のジェームズ・ボンドと呼ばれる海外調査のプロ)に各国の意向を確認させるべきだ。なぜなら、他国は「一部を放棄」と表明しているだけでまだ交渉中なのである。ヨーロッパ各国は「最大の債権国」日本の対応を見て少しづつ時間をかけて次の交渉に臨むつもりでいたのだ。交渉が長引けば、弱い立場になるのはホワイトハウスである。彼らの最近の行動を見て欲しい。自身の財政危機を乗り越えるために、嫌いなはずのライバルのご機嫌をとったりしているではないか。

それに債権交渉の進捗状況がどうであれ、イラク国民に迷惑はかからない。日本は「イラク国民の生活を直接支援するために」自衛隊を派遣すると決定したばかりだ。それとも自衛隊派遣はイラク国民を困らせるような「別の目的」があったというのだろうか?

ところでイラクの債務支払い能力を飛躍的に回復させる方法がある。イラク天然資源の事業管理を、完全にイラク国民の手に委ねるのだ。もともとイラク国民の財産ではないか。世界各国はイラクとの資源取引について、ハリバートン社の窓口相手ではなく、イラク国民と直接交渉すればよい。アメリカ兵は故郷に帰って失業手当の列に並ぶことになるが、どのみちイラク勤務で金を稼ぐのは上の方のスーツを着た連中だし、砂漠の上で死ぬよりマシだ。イラク国民もこれ以上撃たれずにすむ。

ヨーロッパもロシアもアジアも、そして国連も、喜んで日本のアイデアに賛同するだろう。米CNNには世界の笑顔(そして、米兵士の家族の笑顔)を掲載させてやろう。雇われ社長の曖昧な笑顔よりずっといい。

米軍のイラクからの早期撤退とイラク国民への資源の開放---それこそ日本が支援・債務交渉において提示すべき交換条件だったのではないか。

| | コメント (1) | トラックバック (2)