2006/11/10

ボルトン米国連大使、年内辞任か

米保守派ニュースサイトのNewsMaxによると、ジョン・ボルトン米国連大使が年内で辞任する公算が高いとのこと。

ジョン・ボルトン米国連大使

強硬派で知られるネオコン外交官、ボルトン“暫定”米国連大使。国連嫌いで知られるボルトンは、それ以上に国連から嫌われていた。ラムズフェルドの後任に指名されたボブ・ゲイツ同様イラン・コントラ事件の犯人グループの1人でもある

2005年にブッシュ大統領の指名を受けて国連大使に仮着任したボルトンは、結局米上院議会から正式承認されぬまま現在に至っている。今年9月、再開されたはずの上院の承認作業は再度キャンセルされており、まもなく国連大使職を解かれると予測されていた

このまま辞任すれば、ジョン・ボルトンは米国歴史上初の、正式承認されなかった国連大使として名を残すことになる。

追記:9日のホワイトハウス定例記者会見で、ブッシュ大統領がボルトンの議会承認を上院に再申請する意向であることが正式に発表された。しかし上院外交委員長就任予定のジョー・バイデン議員(民主党)は、ボルトンの再指名について議会承認を見送る構えである。)

2006/04/29

ラッシュ・リンボー、薬物不正取引で逮捕

Rushlimbaugh

ラッシュ・リンボー逮捕時の写真(source

フロリダ州サン・センチネル紙の報道によると、保守派コメンテイターとして全米で最も著名な人物の1人、ラッシュ・リンボー氏が薬物の不正取得容疑で逮捕されたとのこと。

金曜日午後4時にパームビーチ郡刑務所に収監されたリンボー氏は、保釈金3,000ドルを支払い1時間で保釈された

ラッシュ・リンボー氏は2003年度に自らの番組で薬物中毒であることを告白している。本人の説明によれば、背中の痛みを抑えるための鎮痛薬中毒とのこと。また、リンボー氏は数年前から薬物の違法取引疑惑で捜査対象となっている。

リベラル派に対する激しい攻撃で知られるリンボー氏は、自身が薬物違法取引容疑で捜査対象になると、「ドラッグ中毒は国を滅ぼす」と過去に主張した件で世論の嘲笑を浴びた。しかし、かつての攻撃相手で最もリベラルな団体のひとつ、ACLU(アメリカ自由人権協会)は「リンボー氏への捜査は個人の権利を侵害している」と同氏を擁護している。

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 911合衆国同時多発テロ事件 Bookmarked Headlines CIA関連 NSAの令状なし盗聴問題 SNSと革命 This is not America もったいない アジア関連 アフガニスタン アフリカ アメリカの正義 アメリカの銃問題 アルカイダとビン・ラディン イギリス政府の犯罪 イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 イラク戦争 インドとパキスタン ウィキリークス オバマ政権 オーストラリア カナダ:穏やかな隣人たち ケネディ暗殺 コラム:ポール・クルーグマン コンドリーザ・ライス シュワルツネガー:政策なき野心家 ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) スマトラ沖地震 チェス名人ボビー・フィッシャー チキンホークとネオコン テロの脅威、テロ対策の脅威 ネオコンチームの秘密 ハイチ情勢 ハリケーン・カトリーナ大災害 ハリケーン大災害 ブッシュの違法盗聴命令 ブッシュファミリーの秘密 ブッシュ政権 ブッシュ関係者の事件 ブレアのイギリス プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 ホワイトハウスの陰謀 ボブ・ハーバート ポリティカル・ジョーク マイケル・ムーア関連記事 ミャンマー(ビルマ)情勢 メディアと大衆操作 ヨーロッパ関連 ランディ・カニンガム事件 リベラルコンテンツ ロンドン同時多発テロ事件 中東情勢 人種差別 伝説のド根性政治家マイク・グラベル 兵士たちの戦争 劣化ウラン弾 北朝鮮 北朝鮮崩壊への道 医療問題 反ブッシュ 合衆国の選挙不正 合衆国執行大統領ディック・チェイニー 合衆国大統領の演説 合衆国大統領弾劾 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 国連 宗教と政治 宗教国家アメリカ 小泉政権 driven by Bush政権© 怪人プーチンのロシア 政界ゴシップ 日米関係 書籍・雑誌 有名人と政治 未解決事件 民族問題 海外から見る日本 狂牛病問題 環境問題 米中関係 米国の教育問題 米国の雇用問題 米国世論調査 米議会スキャンダル 英国世論調査 貧困・飢餓大国アメリカ 貧困問題 貧困問題:アメリカ 資本主義の暴走 資源戦争 軍需産業 遥かなる平和への祈り 選挙 食の安全問題 911同時多発テロの謎