カテゴリー

アクセスの多い記事

ランディ・カニンガム事件

2006/05/06

ポーター・ゴスCIA長官が電撃辞任

5月5日金曜日、ポーター・J・ゴスCIA(米中央情報局)長官が突如辞任を発表した。後任は8日(月曜日)に発表される予定であるという。

ゴス氏は、冷戦時代にCIA工作員として中米と西欧でスパイ獲得業務に従事し、退職後にフロリダ州で新聞社を開業。その後地元市長となり、1988年に共和党フロリダ州下院議員として初当選。1996年からは下院諜報委員長を務めていた。前任者テネット氏の辞任をうけて2004年9月にCIA長官に着任してから、ポーター・ゴスCIA長官はわずか1年半ほどでの退任となる。

ゴス氏辞任の理由については明らかにされていないが、2005年に新設された国家情報長官ポストにあるネグロポンテ氏との対立が原因との見方が強い。しかし一方で、軍事企業からの受託収賄で起訴され辞任したランディ・カニンガム議員(共和党・カリフォルニア州)を端緒とした議会汚職ネットワーク(賄賂には高級娼婦の買春も含まれる)の捜査線上にCIA高官が浮上したのも原因と囁かれている。

この汚職企業の献金リストには、多くの議員に加え、ジョージ・W・ブッシュの名前も掲載されており、ジャック・エイブラモフ事件で既に『合衆国史上もっとも腐敗している』と呼ばれる米議会にとって、新たなスキャンダル---共和党にとって最も頭の痛い買春ネットワークの発覚---のひとつになる可能性がある。

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31