カテゴリー

アクセスの多い記事

アジア関連

2008/04/30

『チベットに自由を』旗の製造は中国企業

英BBCニュース4月28日付け報道によれば、中国警察当局が、広東省で「チベットに自由を(Free Tibet)」旗を製造する工場を発見したと中国国内メディアが伝えているという。

Snow Lion Flag

「チベットに自由を」旗は中国製?!source:英BBC

工場の従業員によれば、作業者達は単にカラフルな旗を製造しているだけと思い、その意味については思い至らなかったという。

しかし、テレビに映し出された抗議活動参加者が、同じ紋章を手にしているのを見た従業員が、当局に通報して発覚したとのこと。

工場経営者が警察関係者に証言したところでは、旗の注文は海外からのもので、チベット独立を謳う内容であることは知らなかったと話しているという。(中国国内ではチベット旗の所持・掲示が禁止されており、見つかれば当局者により即刻拘束されるか、最悪の場合銃撃されることもある

当局者の話によれば、製造された旗の一部はすでに配送が完了し、5月2日に香港で開催されるオリンピック聖火リレーの際、抗議活動に使用される可能性があるという。

2006/07/05

ロシア太平洋艦隊:「北朝鮮ミサイルについてはコメントしない」

北朝鮮が日本海に向けて発射したミサイルに関して、ロシア太平洋海域防空網を監視するロシア太平洋艦隊は、コメントはしないと伝えている。ロシア・ノヴォスチ通信7月5日付速報

「艦隊側からこのような状況に対するコメントはしない。対応はロシア外務省の担当である」

北朝鮮が発射したミサイルは6発で、長距離ミサイル『テポドン2』1発も含まれていたとされる。全てのミサイルは日本海北西部の、日本よりもロシアにより近い海域に着弾した。

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31