2006/07/16

ブッシュ政権元高官が息子を射殺した後に自殺?

7月13日木曜日、ブッシュ政権元高官が妻と自宅で激しく口論した後に、12歳の息子を射殺し、直後に自身もショットガンで自殺したとみられる事件が発生した。(source:ワシントンポスト紙2006年7月15日付記事

殺人・自殺をしたとみられている人物は、2001年から2005年までブッシュ政権内で米商務省商務次官補を務めていたウィリアム・H・ラッシュ(45歳)。妻のシャロン・ザックラは事件前に外出しており無事とみられている。

事件当夜、ラッシュ氏と妻のザックラは自宅で口論となり、暴力を恐れた妻は家を出て警察に連絡し保護を求めた。連絡を受けた警察は家庭内暴力の疑いで捜査令状を取り、ラッシュ家に向かった。警察はドアをノックしたが返事がなく、それからまもなく家屋内で2発銃声があり、人質事件化を恐れた警官側が特別対策班と交渉人を呼んで屋敷を包囲。銃声から5時間ほど様子を伺っていた警察側はついに屋敷内に入り、ベッドルームで12歳の息子と父親の死体を発見したという。

ウィリアム・ラッシュ氏は、ブッシュ政権のイラク侵攻後に設置されたイラク再建特別対策委員会委員長を務めていた。同委員会は、戦争で破壊されたイラク国内の再建・復興作業を、ハリバートン他米民間企業に『市場開放』するために設立されていた。皮肉なことに、事件の前日である7月12日には、米軍がハリバートン社との兵站事業契約打ち切りを決定したという報道があったばかりである。

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 911合衆国同時多発テロ事件 Bookmarked Headlines CIA関連 NSAの令状なし盗聴問題 SNSと革命 This is not America もったいない アジア関連 アフガニスタン アフリカ アメリカの正義 アメリカの銃問題 アルカイダとビン・ラディン イギリス政府の犯罪 イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 イラク戦争 インドとパキスタン ウィキリークス オバマ政権 オーストラリア カナダ:穏やかな隣人たち ケネディ暗殺 コラム:ポール・クルーグマン コンドリーザ・ライス シュワルツネガー:政策なき野心家 ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) スマトラ沖地震 チェス名人ボビー・フィッシャー チキンホークとネオコン テロの脅威、テロ対策の脅威 ネオコンチームの秘密 ハイチ情勢 ハリケーン・カトリーナ大災害 ハリケーン大災害 ブッシュの違法盗聴命令 ブッシュファミリーの秘密 ブッシュ政権 ブッシュ関係者の事件 ブレアのイギリス プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 ホワイトハウスの陰謀 ボブ・ハーバート ポリティカル・ジョーク マイケル・ムーア関連記事 ミャンマー(ビルマ)情勢 メディアと大衆操作 ヨーロッパ関連 ランディ・カニンガム事件 リベラルコンテンツ ロンドン同時多発テロ事件 中東情勢 人種差別 伝説のド根性政治家マイク・グラベル 兵士たちの戦争 劣化ウラン弾 北朝鮮 北朝鮮崩壊への道 医療問題 反ブッシュ 合衆国の選挙不正 合衆国執行大統領ディック・チェイニー 合衆国大統領の演説 合衆国大統領弾劾 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 国連 宗教と政治 宗教国家アメリカ 小泉政権 driven by Bush政権© 怪人プーチンのロシア 政界ゴシップ 日米関係 書籍・雑誌 有名人と政治 未解決事件 民族問題 海外から見る日本 狂牛病問題 環境問題 米中関係 米国の教育問題 米国の雇用問題 米国世論調査 米議会スキャンダル 英国世論調査 貧困・飢餓大国アメリカ 貧困問題 貧困問題:アメリカ 資本主義の暴走 資源戦争 軍需産業 遥かなる平和への祈り 選挙 食の安全問題 911同時多発テロの謎