カテゴリー

アクセスの多い記事

人種差別

2006/12/25

ボブ・ハーバート:『アメリカの傷口』

「私は皆さんが思っているよりもずっと良く眠っているんですよ。」
(I'm sleeping a lot better than people would assume.)

ジョージ・W・ブッシュ大統領、2006年12月14日に行われたインタビューで発言(source

Promises Betrayed

ボブ・ハーバート最新コラム集『Promises Betrayed: Waking Up from the American Dream

今回はニューヨークタイムズ紙の人気コラムニスト、ボブ・ハーバートの最新コラムを翻訳して掲載。

今回のコラムで指摘されているとおり、ハリケーン・カトリーナ被災地の復興は停滞している。その一方で、イラク戦争で米国政府はこれまでに3,500億ドル(約41兆5,992億5,000万円)を支出しており、アフガニスタン戦争その他テロ戦争費用を合計すると、米国の戦争関連支出は5,000億ドル(約59兆4,275億円)を超えているという。さらに先週、米国防総省はイラク・アフガニスタン戦争追加予算として997億ドル(約11兆8,498億4,400万円)を要求している

2003年5月に「イラクでは主要な戦闘は終了した」と宣言したジョージ・W・ブッシュ大統領は、2006年12月になると「我が国は勝っても負けてもいない」と勝利宣言を事実上取り消し、イラク駐留米軍の増強を訴え始めた。現在ホワイトハウスのウェブサイトに掲載されているあの悪名高き『トップガン大統領』演説ビデオをみると、いつのまにか『任務完了』の横断幕がフレームアウトされている。『任務完了(Mission Accomplished)』の文字は当時の公式写真にも見当たらない。)

今年の中間選挙で敗北し、政府職員の顔色が気になり始めたブッシュは、米軍兵士を含めた公務員の昇給を求める大統領命令に先日素早く署名した。この法律によって、2008年1月から米連邦政府職員は(兵士も含め)平均で2.2%昇給される。なお、この昇給命令には、米国議員全員及びディック・チェイニー副大統領の昇給(1.7%増)も含まれているという

続きを読む "ボブ・ハーバート:『アメリカの傷口』" »

2005/05/19

アメリカの差別と優生学:『貧困遺伝子』撲滅のため、貧しい市民6万5,000人が秘密裏に断種された

ABC News2005/05/15付け記事より。以下に全文を翻訳して掲載。

現在でも、アメリカ国内で白人至上主義や優生学を推進する人の数は少なくない。そして、アメリカ居住の黒人層の寿命が白人に比較して短いのは、人種差別が原因ではないかと言われている。

(関連エントリ:アメリカの選挙と人種差別

州の秘密:多くの住民が秘密裏に断種された

ノースカロライナ州の女性:20世紀、政府により本人への告知なしに断種手術された6万5,000人の1人

ABC News2005/05/15付け記事

riddick

エレイン・リディックは政府によって秘密裏に断種された。(ABC News

青々と生い茂る緑と曲がりくねった川岸にある南部の街の風景の裏側に、ほとんど忘れ去られていた遺産---苦痛、秘密、人類への侮辱が横たわっている。

「今でも心が痛みます。私の身に起こった事件は、永遠に痛みとなって残るのでしょう」地元住民のエレイン・リディックは話した。

リディックは、1929年から1974年の間、同州で秘密裏に断種された多くの住民の1人である。

1900年代初頭から70年代にかけて、アメリカ国内でおよそ6万5,000人もの男女が、ほとんど本人の承諾なしに断種手術を施されたが、それは州政府の推進していたいわゆる『繁殖に好ましくない』人々から生殖能力を奪う優生政策の一貫だった。

「そうした施術は貧困層の住民に対して行われたものです」メリーランド大学のスティーブン・セルダン教授は言う。「貧困は、悪い遺伝子もしくは悪い遺伝形質が原因と考えられていたのです。そんなわけで、貧困層の住民は断種の標的となったのです」

告知なしの手術
リディックは、13歳のときにレイプされ、妊娠していた。ソーシャル・ワーカーは彼女を、ふしだらで知能が低く、親として不適格という烙印を押した。そして、1968年に出産して後、リディックは告知されることなく断種手術を受けさせられた。

数年後に結婚し、もっと子供を作ろうとしていたリディックは、真実を知ることになる。

「彼等は私からあまりにも多くを奪ったのです」リディックは言う。「心も魂も奪われてしまった」

ノースカロライナ州では、およそ8,000人の女性が、病院で断種手術を施された。

優生政策は30年以上前に終了したが、多くの人々が償いを求めるべき時期と言っている。ノースカロライナ州は、断種を行ってきた33州のうち、最も早い時期から謝罪を表明していた州である。現在、同州議員のラリー・ワンブルは、賠償金支払い法案をまとめている最中とのこと。

だが、賠償金をどうやって捻出するか疑問視する人も多い。「“払えるわけがない”と連中は言ってます」民主党下院議員のワンブルは言う。「でも、“払えない”では済まされないのです」

リディックは大学の学位取得と、14歳で生んだ息子のためにがんばった。現在、息子は技術コンサルタントとして働いている。

「子供を授けていただいて、主に感謝しています」彼女は言った。(以上)

2005/02/03

ブッシュ大統領、投票権法について「よく知らない」

「面と向かって“ニガー”と呼ばれたこともあるわ・・・でも、もっと巧妙で陰湿な人種差別がこのハリウッドでも起きているのよ。誰に何を言われようと構わない・・・差別じゃないと思うでしょうけど、大抵は黒人じゃない人達がそう考えるのよ」

---アカデミー女優ハル・ベリー(アイルランド・オンライン2005/01/30付け記事


2005年1月26日、ホワイトハウスで黒人議員連盟メンバーとの40分間に及ぶ初会談に臨んだブッシュ大統領は、1965年成立の投票権法(Voting Rights Act:投票における差別の撤廃)の再認を求めるジェシー・ジャクソン・JR(下院・民主党)や他議員達に対して、初対面の緊張からか、こんな発言をしたという

「1965年の投票権法についてはよく知らないんです。法案が私の手元に来たら、目を通すつもりですが、それ以上コメントすることはできないですね。とにかく、法案には目を通しますよ」
なんという率直な意見!会談に同席していた「大統領の家庭教師」コンドリーザ・ライス国務長官は、椅子から転げ落ちないように必死の形相だったに違いない。(出席者達の話では、40分の会談中、彼女はただの一言も話すことなく沈黙していたとのこと。)

集まった黒人議員達は唖然として怒りのコメントをしたが、ホワイトハウスにも大手ニュースメディアにも、その声が届くことはなかった。

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31