カテゴリー

アクセスの多い記事

遥かなる平和への祈り

2009/12/21

沈黙のクリスマス

Photo by Lance Cpl. Damany S. Coleman Service members, friends and families placed balsam fir wreaths on more than 15,000 headstones at the Arlington National Cemetery Dec. 10. Row after row of these stone figures bared the names, ranks and occupations of the men and woman who fought for their country, from as far back as the Civil War.
アーリントン国立墓地でクリスマスの装飾を施された墓石。(source: ザ・グローブ紙:ノースカロライナ州レジューン基地公認新聞


2009/03/03

反戦派がオバマ政権のイラク撤退(?)計画に反発

先週金曜日(2009年2月27日)、合衆国大統領バラク・オバマは、かつての公約だったイラク撤退についての方針を明らかにした。それによれば、イラク駐留米軍の「戦闘部隊」については2010年8月末までに撤退させるが、「非戦闘部隊」については3万5,000から5万人ほどの兵力を引き続き残留させるという。

2008年12月、大統領選直後のオバマは「大統領就任式から16ヶ月間でイラクから撤退する」との選挙公約を表向きは堅持
、イラクのマリキ首相も、「オバマ候補の16ヶ月米軍撤退プランは正しい」と、オバマの公約を支持していた

つまりまあ、バラク・オバマ大統領は、その数少ない具体的な選挙公約のうち最も重要なポイントについて、有権者だけでなくイラク首相にも背いたことになる。もちろん真相としては、2008年12月の時点でニューヨークタイムズ紙が鋭く指摘したとおり、16ヶ月間で“一部兵士を撤退させ”残りの兵力は残留して軍事訓練を続けるという具合にオバマは公約をコロッと変えていたわけだが、ほとんどの支持者は完全撤退と思い込んでいたのではないか。なにしろオバマは、“最初からイラク侵攻に反対”だったし、ブッシュ政権のイラク増派にも強く反対していたのだから。

反ブッシュリベラル系シンクタンク改め、今やすっかりオバマ政権擁護団体と化したアメリカ進歩財団(Center for American Progress)は「マリキ首相だって新撤退案を支持してる」と公約破り批判の火消しに躍起だが、実際のところ、一体誰がオバマの新撤退案を決めたのか?軍部の言い分を聞いて計画を修正するという大統領は、軍上層部にはウケが良いだろうが、一般国民から見ればリーダーシップに欠ける。合衆国最高司令官というより、ホワイトハウス相談員という感じだ。

ブッシュ前政権の意向が強く反映されたことで、共和党支持層はオバマの新提案に概ね賛成のようだ。(撤退案発表直前、オバマがブッシュ前大統領へご丁寧に電話連絡したのも印象を良くしたのだろうか)。しかし当然ながら、イラクからの完全撤退を期待していた米国内反戦派は、オバマの新撤退案に反発している。反戦女性団体コード・ピンクは「ブッシュ政権よりマシ」としながらもオバマの撤退案を公約破りであると批判反戦退役軍人会(Veterans for Peace)はオバマの提案について「撤退とはいえない」と批判し、「ベトナム戦争の継続がジョンソン政権にもたらした結果を考えろ」とオバマに再考を促している。

イラク侵攻から6周年となる今月19日には、全米各地で大規模な抗議集会が行われる予定であるという。以下に、ジャーナリストのクリス・ヘッジズが、それら抗議集会のために書いた演説予定原稿を翻訳。

続きを読む "反戦派がオバマ政権のイラク撤退(?)計画に反発" »

2008/10/20

イスラエル:モサド副官の娘が兵役を拒否

今回は、イスラエルで兵役を拒否し、軍刑務所に収監されている女性の話題を取り上げた英ファーストポスト誌の記事を以下に翻訳して掲載。

続きを読む "イスラエル:モサド副官の娘が兵役を拒否" »

2008/07/05

500マイル踏破、現在も継続中:反ブッシュが街を往く

今回は、“全米で最も保守的な土地柄”“ブッシュ支持派最後の砦”と言われるユタ州の地元紙、ソルトレイク・トリビューン紙2008年7月3日付け記事を翻訳。

強固な共和党支持州として知られるユタ州だが、少しづつ地殻変動が起きはじめているらしい。

続きを読む "500マイル踏破、現在も継続中:反ブッシュが街を往く" »

2008/02/10

ニール・ヤングの悲痛なメッセージ:「音楽で世界は変えられない」

リヴィング・ウィズ・ウォー

2006年に新アルバム『リヴィング・ウィズ・ウォー』を発表し、全米で物議を醸した大物シンガーソングライターのニール・ヤングが、悲観的な心情を吐露している。

「音楽で世界を変えることができた時代は過ぎ去った。今、この時代にそういう考えを持つのはあまりにも世間知らずだと思う。」自作のドキュメンタリー映画『CSNY Deja Vu』がベルリン国際映画祭で特別上映されるにあたり、記者会見でニール・ヤングはそう語っている

続きを読む "ニール・ヤングの悲痛なメッセージ:「音楽で世界は変えられない」" »

2007/12/06

87歳の気骨:ヘレン・トーマスの怒り

ヘレン・トーマスは怒っている。かつてないほどに。

Helen Thomas

ホワイトハウス報道の最長老記者ヘレン・トーマス


Watchdog

ヘレン・トーマス最新著作『Watchdogs of Democracy?: The Waning Washington Press Corps and How It Has Failed the Public

レバノン系アメリカ人のヘレン・トーマス女史は、ケネディ政権時代から現在まで、ずっとホワイトハウス番記者を続けている87歳の名物ジャーナリストだ。ホワイトハウス定例記者会見では、いつも最前列に座って、大統領報道官がもっとも答えたくない類の質問をする。

2007年11月30日のホワイトハウス定例記者会見では、デイナ・ペリノ大統領報道官を相手に、いつもどおりの辛辣な言葉を浴びせた。二人のやりとりを以下に抜粋して翻訳する:

続きを読む "87歳の気骨:ヘレン・トーマスの怒り" »

2007/11/06

米ラジオ局チェーン大手がブルース・スプリングスティーンの最新アルバムをボイコット?

Magic

ブルース・スプリングスティーンの新アルバム『Magic

「俺たちはイラクで自由を根付かせるために戦っているはずなのに、同じ自由を故郷で主張する人々に対して、恫喝したり罰したりする連中がいる・・・」

-2003年4月、全米でディクシー・チックスがボイコットされている件についてブルース・スプリングスティーンが寄せたコメント(source

フォックスニュースチャンネルの報道によれば、米ラジオチェーン最大手クリア・チャンネル社は、米ロック界の大御所、ブルース・スプリングスティーンの新アルバム『Magic』の政治的メッセージが気に入らないらしく、各地のチェーンラジオ局に対して「スプリングスティーンの曲を配信するなら、"Dancing in the Dark," "Born to Run" "Born in the USA"等の古い曲だけにしろ」などという指令を密かに出しているらしい。(もちろん、ディクシーチックスの件同様、クリアチャンネル側は報道内容を否定している

しかし実際には、系列局の一部がオーナー企業の命令を無視して(?)新曲を流しているらしく、“ボス”の声を封じる試みは、ディクシー・チックス全米ボイコット運動ほどには盛り上がっていないようだ

続きを読む "米ラジオ局チェーン大手がブルース・スプリングスティーンの最新アルバムをボイコット?" »

2007/08/15

イラク駐留米軍:狙撃兵の従軍拒否宣言

英国の医学雑誌LANCETに掲載された研究によれば、米軍のイラク侵攻以来、イラク国民の総犠牲者数は100万人に達しようとしている

アフガニスタンではすでに419人の米兵が戦死した。イラクでの米軍戦死者数は3,666人、そのうち3%は自殺が占めているという

英デイリーメール紙の試算によれば、イラク戦争の戦費は米軍・英軍合わせて1秒間に2,000ポンド(約47万円)以上のペースで増え続けている

2008年度のアメリカ大統領選候補者のうち、ヒラリー、オバマはいずれも米軍のイラク駐留について“撤退”ではなく“中東再配備”を主張する。オバマは米国はパキスタンに単独攻撃を仕掛けるべきと主張し、ヒラリーは核攻撃も選択肢から外してはならないと発言して憚らない。民主党トップ集団にとって、どうやらブッシュ政権はソフト過ぎるらしい。

一方でイラク駐留米軍の即時全面撤退を支持するのは、民主党ではビル・リチャードソン候補、デニス・クシニッチ候補、そしてマイク・グラベル候補、共和党ではロン・ポール候補のわずか4人。悲しいことに、アメリカでは戦争を批判するとアウトサイダー扱いされてしまう。

ド根性大統領候補マイク・グラベル
は「ベトナムでの米軍兵士の死は無駄ではない。兵士に謝罪せよ」という批判に応えて、こんなことを書いている

「・・・南ベトナム陥落後、アジア全土に共産主義が拡大するという不吉な予測は実現しなかった。共産国であっても、アメリカ合衆国とベトナムは今や最も良好な貿易関係を築いている。ホーチミン市に行けば、バスキン・ロビンスのアイスクリームを買うことも出来る。

30年間もの無用な流血の結果、5万8,000人ものアメリカ人が殺害され、数万人が手足を失くし精神を病んで帰還した。自己を犠牲にして祖国に尽くした兵士達には敬意を表すべきだ。しかし、彼らの英雄的行動が戦争そのものの無益さを軽減したわけではないことも認識すべきである。現在、イラクで同じ過ちを繰り返すことで、我々は退役軍人や戦地の兵士たちに対して非常に酷い仕打ちをしている。なぜ我々が再び同じ過ちを繰り返しているのか問うてみるのは公正ではないのか?」


テレビに登場すれば怒鳴ってばかりのマイク・グラベルだが、しかし戦争に対する彼の主張は沈黙を通じてさえ広範に知らされるべきだと強く感じる。

過去の戦争を理解し反省するために、私達がすべきことはたくさんある。

現在の戦争を終結させるために、私達にできることはたくさんある。

未来の戦争を避けるために、私達にできることは必ずある。


混迷するイラクでは、米軍兵士による従軍拒否の声もよく聞かれるようになった。今回はある狙撃兵の物語を以下に翻訳して掲載。

続きを読む "イラク駐留米軍:狙撃兵の従軍拒否宣言" »

2007/05/15

カート・ヴォネガットのラストインタビュー

In These Times誌のサイト上にカート・ヴォネガットの最後のインタビューが掲載されたので、以下に翻訳して掲載。

続きを読む "カート・ヴォネガットのラストインタビュー" »

2007/04/13

追悼:ヴォネガットさん、どうか安らかに・・・

“私は、偶然にも、偉大なるSF作家のアイザック・アシモフの後継者として、全く役立たずの立場ながら、アメリカ人道協会名誉会長になってしまったわけです。何年か前にアイザックの追悼行事で、私が喋ることになって、こんなことを言ったんです:「今、アイザックは天に召されています。」人道主義の方々の前で言うには最高に愉快な言葉でしたな。皆さん大爆笑だ。元に戻るまで数分かかりました。あって欲しくないと思いますが、万一私が死ぬことになったら、こう言っていただきたい。「カートは今、天に召されています。」これが私のお気に入りのジョークなんですよ。”

-from 『祖国なき男(A Man Without a Country)』

カート・ヴォネガット氏公式サイト

以下、ワシントンポスト紙2007年4月12日付報道から抜粋:

戦争の不条理と科学の進歩に疑問を唱える風刺小説家として『スローターハウス5』や『猫のゆりかご』等の悲観的なユーモア作品で知られるカート・ヴォネガット氏が、水曜日に亡くなった。84歳だった。

ヴォネガット夫人で写真家のジル・クレメンツの話によれば、ヴォネガット氏は、生涯を通じた喫煙習慣にも関わらず長生きしたことをしばしば驚いていたが、数週間前にマンハッタンの自宅で倒れてから脳損傷を煩っていたという。

Kurt Vonnegut

散歩中のカート・ヴォネガット氏(source


ワシントンポスト紙からさらに引用:

生前のヴォネガットは、死ぬとしたら、飛行機に乗ってキリマンジャロの山頂にぶつかって死にたいと語っていた。また、老いることの難しさを冗談にすることもあった。

「ヘミングウェイが死を選んだ時、彼は人生の最期にピリオドを選択したのだ。老いるには、むしろセミコロンがふさわしい。」2005年、AP通信に対してヴォネガットはそう語っている。

「私の父は、ヘミングウェイと同じように、銃狂いで晩年は機嫌が悪かった。でも、父は自殺しないことを誇りにしていた。私も同じようにしようと思う。子供達に悪い手本を残さぬようにね。」


当サイトの過去記事リンク:

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31