2005/11/14

ラムズフェルド、鳥インフルエンザで大儲け

ブッシュ家とその仲間は、脅威に対応するよりも、脅威で儲けるほうが得意であることはよく知られているが、特にラムズフェルドのビジネスセンスはずば抜けている

米CNNの2005年10月31日の報道を以下に引用しておこう:

鳥インフルエンザ大流行の予測は世界の人々をパニックに陥れているが、ギリアド・サイエンシズ社の株を所有するラムズフェルド国防長官やその他政界関係者にとっては朗報だ。カリフォルニア州に本拠を構えるバイオテック企業ギリアド社は、インフルエンザ治療薬として現在世界中から注目されている『タミフル』の特許を所有している。

1997年からブッシュ政権入閣までの2001年の間、ラムズフェルド国防長官はギリアド社の会長を務めており、現在でも同社の株を保有しているが、その評価額は500万ドルから2,500万ドルの間であることが、ラムズフェルド氏自身による連邦資産公開申告書で明らかになった。

申告書ではラムズフェルド氏が所有する株数の詳細は明らかになっていないが、過去6ヶ月間における鳥インフルエンザ大流行の懸念とタミフル争奪戦の予測により、ギリアド社の株価は35ドルから47ドルに急騰。これにより、すでにブッシュ政権内で最高額の資産を持つ国防長官は、少なくとも100万ドル以上資産を増やしたことになる。

スイスの医薬品大手ロシェ社が製造販売しているタミフル(ギリアド社は販売額の10%のロイヤリティーを受け取っている)で利益を得た政界有力者はラムズフェルドだけではない。ジョージ・シュルツ元国務長官はギリアド社役員として、2005年度に入ってから同社の株700万ドル分を売却している。

他にも、前カリフォルニア州知事の妻ピート・ウィルソンがギリアド社の役員に就任している。

「政界とこれほど繋がりの深いバイオ企業は他に類を見ない」サンフランシスコのシンク・イクイティ・パートナーズ社アナリストのアンドリュー・マクドナルド氏は評している。

さらに重要なことは、合衆国政府が世界最大のタミフル購入者であるという事実だ。今年7月には、米国防総省は兵士への配給用に、5,800万ドル分のタミフルを注文しており、議会も数十億ドル分の購入を検討中である。2005年度におけるロシェ社のタミフル売り上げ予測額はおよそ10億ドルで、前年度は2億5,800万ドルであった。(以下略)


国防総省を顧客に抱える企業の株を、国防長官が保有?・・・マーサ・スチュアートもビックリのマーケティングではないか。

ところで国防長官殿、イラクのほうはどうなってますかね?

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 911合衆国同時多発テロ事件 Bookmarked Headlines CIA関連 NSAの令状なし盗聴問題 SNSと革命 This is not America もったいない アジア関連 アフガニスタン アフリカ アメリカの正義 アメリカの銃問題 アルカイダとビン・ラディン イギリス政府の犯罪 イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 イラク戦争 インドとパキスタン ウィキリークス オバマ政権 オーストラリア カナダ:穏やかな隣人たち ケネディ暗殺 コラム:ポール・クルーグマン コンドリーザ・ライス シュワルツネガー:政策なき野心家 ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) スマトラ沖地震 チェス名人ボビー・フィッシャー チキンホークとネオコン テロの脅威、テロ対策の脅威 ネオコンチームの秘密 ハイチ情勢 ハリケーン・カトリーナ大災害 ハリケーン大災害 ブッシュの違法盗聴命令 ブッシュファミリーの秘密 ブッシュ政権 ブッシュ関係者の事件 ブレアのイギリス プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 ホワイトハウスの陰謀 ボブ・ハーバート ポリティカル・ジョーク マイケル・ムーア関連記事 ミャンマー(ビルマ)情勢 メディアと大衆操作 ヨーロッパ関連 ランディ・カニンガム事件 リベラルコンテンツ ロンドン同時多発テロ事件 中東情勢 人種差別 伝説のド根性政治家マイク・グラベル 兵士たちの戦争 劣化ウラン弾 北朝鮮 北朝鮮崩壊への道 医療問題 反ブッシュ 合衆国の選挙不正 合衆国執行大統領ディック・チェイニー 合衆国大統領の演説 合衆国大統領弾劾 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 国連 宗教と政治 宗教国家アメリカ 小泉政権 driven by Bush政権© 怪人プーチンのロシア 政界ゴシップ 日米関係 書籍・雑誌 有名人と政治 未解決事件 民族問題 海外から見る日本 狂牛病問題 環境問題 米中関係 米国の教育問題 米国の雇用問題 米国世論調査 米議会スキャンダル 英国世論調査 貧困・飢餓大国アメリカ 貧困問題 貧困問題:アメリカ 資本主義の暴走 資源戦争 軍需産業 遥かなる平和への祈り 選挙 食の安全問題 911同時多発テロの謎