カテゴリー

アクセスの多い記事

プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件

2008/06/12

マクレラン元大統領報道官が語るブッシュ政権の犯罪

2004年3月22日、クリントン政権及び現ブッシュ政権でテロ対策大統領特別補佐官を務めたリチャード・クラークが、後に話題となる暴露本『Against All Enemies(邦訳:爆弾証言 すべての敵に向かって)』を発表した。クラークは同書で「同時多発テロの直前まで、ブッシュ政権はテロ対策に全く無関心だった」と書き、ブッシュ大統領と閣僚たちを猛烈に批判し、一方でテロ対策の責務を果たせなかったと国民に謝罪した

リチャード・クラークの大統領批判に真っ先に対応する羽目になったのが、当時のホワイトハウス報道官スコット・マクレランである。クラークの書籍が発売されたその日、彼はホワイトハウス定例記者会見で、リチャード・クラークを批判してこう言い放った:

「なぜ、まったく唐突にこんなことを?重大な懸念があったのなら、もっと早い時期から問題提起すべきだったのでは?政権を去って1年半が過ぎ、突然、このような重大な懸念を彼(クラーク)は持ち出しているんです。さて、ここで記者の皆さんに事実をちょっと鑑みてもらいたいのですが、彼は大統領選挙の真っ最中にこの件を持ち出しているということです。彼は本を書いたので、世に出て本の宣伝をしたいのですよ。」


What Happened: Inside the Bush White House and Washington's Culture of Deception

スコット・マクレラン元大統領報道官の回顧録:What Happened: Inside the Bush White House and Washington's Culture of Deception

ところが、それから4年以上経過した2008年6月、“元”報道官スコット・マクレランは、リチャード・クラークと同じように暴露本を発表し、同じようにブッシュ政権批判を開始したのである。しかも、書籍発表直後から、連日テレビに登場し、喋るたびに「本に書いてあるとおり・・・」と、まさしくあからさまに書籍の宣伝に努めているのだ。

そして再び皆が言う:重大な問題を知っていたのなら、なぜもっと早く告発しなかった?

政界の元同僚からは裏切り者呼ばわりされ、マスコミからは「新しいことは何も書いてない」と嘲笑され(内容の一部は昨年暮れに報道済み、国民からは「ブッシュのプロパガンダに加担した張本人」と一層批判されることになった“テディベア”スコティ(愛称)。それなのに、インタビューに応えるマクレラン元報道官は、なぜか時折清々しい表情を見せる。さらに皮肉なことに、現役時代よりも今のほうが、弁舌が冴えているようだ。フォックスニュースの名物右翼タレント、ビル・オライリーの攻撃にも、一歩も退くことなく、むしろ少々愉快そうに反論し、ブッシュ大統領を必死に擁護するオライリーをおおいに苛立たせた

今年2月で40歳になったばかりのスコット・マクレラン。彼に一体何が起きたのか?

続きを読む "マクレラン元大統領報道官が語るブッシュ政権の犯罪" »

2007/11/26

マクレラン元大統領報道官が回顧録でブッシュ政権を批判

スコット・マクレラン大統領報道官

「私がここから逃げ出したくなったことがあるかって?そんなこと毎日考えてるさ!(笑)」

2004年3月9日、ホワイトハウス定例記者会見で演台に立ったスコット・マクレラン大統領報道官が思わず漏らした言葉。

前任者のアリ・フライシャーが強圧的な態度で不評だったのに対し、人当たりがソフトなスコット・マクレランは“テディベア”と呼ばれ、また苦しい嘘で記者の質問をはぐらかし窮地に追い込まれる毎日から“シンプル・スコティ”とあだ名が付いた。彼はテキサス州知事時代からブッシュを支えた側近中の側近の1人でもある。

母親のキャロル・キートン・ステイホーンは女性初のオースティン市長に選出された地元の名士で、2006年テキサス州知事選挙で保守系独立候補者として立候補した。その際、ホワイトハウスを去ったばかりのスコット・マクレランが選挙マネージャーを務めたが、ブッシュ大統領は共和党公認の現職リック・ペリーを推薦し、マクレランの母親は落選した。ちなみにスコット・マクレランの父親は、ベストセラー書籍『ケネディを殺した副大統領―その血と金と権力』の著者、バー・マクレラン氏。

ブッシュのホワイトハウスに勤務し、マスコミに嘘をつくことを日常業務としていた大統領報道官が回顧録を執筆した。書いたのは嘘?それとも真実?

ブッシュ政権で2003年7月から2006年4月まで大統領報道官を務めたスコット・マクレラン氏が、現在執筆中の回顧録の中で、CIA工作員身元漏洩事件(ヴァレリー・プレイム事件、通称PlameGate)において、ブッシュ大統領が隠ぺい工作に直接関与したことを仄めかし、マスコミをにぎわせている

続きを読む "マクレラン元大統領報道官が回顧録でブッシュ政権を批判" »

2007/08/28

CIA工作員名漏洩事件:ヴァレリー・プレイムの回顧録がいよいよ刊行

この秋、アメリカ政界で最もスキャンダラスな著作がついに刊行されることになった。CIA工作員名漏洩事件(通称プレイムゲート事件)の渦中の人物で被害者でもある元CIA工作員、ヴァレリー・プレイムの回顧録である。

当初CIAは、元職員である彼女に対して回顧録出版を許可しなかったため、ヴァレリー・プレイムは今年2月にCIAを相手に裁判を起こし、8月初旬に回顧録出版の許可を勝ち取ったばかりだ。CIA側の回顧録公開条件は非常に奇妙で、彼女がCIAに勤務していた具体的・詳細な期間については言及してはいけないというものだった。しかしCIA工作員名漏洩事件に伴う議会調査で、彼女のCIA勤務期間の大半はすでに知れ渡っている。ともあれ、当初8月に刊行される予定だったこの回顧録は、CIAの通常検閲で問題がなければ、10月22日に正式に発売されることになった。

イラク侵攻前のブッシュ政権による情報工作活動を克明に記したベストセラー書籍『HUBRIS』には、この女性CIA工作員に関する詳細な経歴が紹介されている。それによると、ヴァレリー・プレイムはペンシルバニア州ハンティントンバレー生まれのスイス系アメリカ人で、父親がNSA(国家安全保障局)勤務経験のある空軍中佐、母親が小学校教諭という家庭で育ち、ペンシルバニア州立大学在学中に学友のトッド・セスラーと結婚、直後に22歳で夫婦揃ってCIAへ申し込んだという。

続きを読む "CIA工作員名漏洩事件:ヴァレリー・プレイムの回顧録がいよいよ刊行" »

2006/04/10

プレイムゲート:漏洩司令官ジョージ・W・ブッシュ

「ワシントンの情報漏洩に関してちょっと言わせてくれ。ワシントンでは機密漏洩が多すぎるんだ。行政府でも漏洩。議会でも漏洩。機密漏洩が多すぎるんだよ。もしも私の政権内で機密漏洩があったのなら、誰の仕業か知りたいね。その人物が法に背いたのなら、処分されることになるだろう。だから、捜査は歓迎するよ。私は・・・私は司法省が実際に良い仕事をすると確信している。(中略)私は真実が知りたい。もし誰か、政権内部もしくは外部の人間で有力な情報を提供する人物がいるのなら、公の場に名乗り出て欲しい。そうすれば漏洩疑惑が真実なのかどうかハッキリするし、仕事にとりかかれるからね。」

---ジョージ・W・ブッシュ、2003年9月30日の発言---

CIA工作員身元情報漏洩事件(プレイム・ゲート:PlameGate)捜査で、偽証罪で起訴されたリビー容疑者(元副大統領補佐官)の大陪審証言により、ブッシュ大統領が事件に直接関与していたことが先週明らかになり、米国政界はいよいよ大騒ぎになっている。

米下院諜報委員会所属のハーマン下院議員(民主党)はブッシュを『漏洩司令官(Leaker-in-Chief)』と名づけた。あまりに上手いネーミングなので、このブッシュの新たな呼称はあっという間にメディアに浸透した。

ホワイトハウス側の反応はというと、マクレラン大統領報道官は証言内容について否定せず、もはや言い訳も限界に近づいている。カード補佐官の次に辞任するのはマクレラン大統領報道官という噂も拡大している。マクレラン大統領報道官の母親はテキサスの有力者で、現在共和党を離脱しテキサス州知事に立候補して、ブッシュ大統領が支持するリック・ペリー現職知事と激突している。マクレラン報道官は母親の選挙キャンペーンを主導しているので、ブッシュとの関係は悪化せざるをえない。ちなみにマクレラン報道官の実父は、JFK暗殺調査本の新著『ケネディを殺した副大統領―その血と金と権力』を書いたバー・マクレラン氏である)

当該捜査を担当するパトリック・J・フィッツジェラルド特別検察官は、『ホワイトハウス内部の複数の人物が関わる、政権を批判した者に対する中傷、処罰、復讐を意図した共同活動』と評して、ブッシュ政権批判の姿勢をだんだんと強めている。

しかし、『ブッシュの頭脳』カール・ローブ大統領主席顧問はまだ諦めていない。メディア界で活躍する保守派のお仲間を動員して、いまや政敵となったフィッツジェラルド特別検察官やウィルソン氏への中傷キャンペーンを開始した。

『ネオコンのスポークスマン』ウィークリー・スタンダード誌の編集主幹ウィリアム・クリストルは、『ネオコンアナウンサー』ブリット・ヒュームと揃って『ネオコン放送網』フォックスニュースに登場し、「機密漏洩の話も検察側のやることも馬鹿げてる」「フィッツジェラルド検察官はブッシュ政権を中傷するための政治的動機に基づく捜査をしている」と猛烈批判した。(以前は検察官の捜査を褒めていた)

ワシントンポスト紙は4月9日版の社説で、大統領の行為を「良いリーク」と褒め称え、「ブッシュ大統領は機密を解除する権限がある。何がスキャンダルなのか?」と、まるで大統領報道官の代役のように主張している。NYタイムズ紙と並ぶ名門新聞社が、こんなにマヌケな論評を載せなければならない理由は、同社も事件に直接関わっているからである。ワシントンポスト紙編集主幹で、かつてウォーターゲート事件の報道で知られるスタージャーナリストのボブ・ウッドワード氏は、ヴァレリー・プレイムの実名についてホワイトハウスで(収監されたNYタイムズ紙ジュディス・ミラー記者と同じように)密かにリークを受けながら、捜査が開始されて2年間も事実を隠していたというわけで、同業者達から猛烈な批判を受けている(リビー容疑者の証言によれば、ブッシュ大統領は「ウッドワードにリークしろ」と直々に指名していたようだ。同時期に書かれたウッドワード記者の著作『戦争計画(Plan of Attack)』には、実際にかなりの機密が大統領の計らいでリークされているとみられ、著作自体がホワイトハウスの情報操作下にあると見なされている。現在でもワシントンポスト紙政治欄の記事はウッドワードが監査している状態にあるらしく、プレイムゲートに関する同社の報道や解析記事は今ひとつ信頼性に欠ける)

続きを読む "プレイムゲート:漏洩司令官ジョージ・W・ブッシュ" »

2006/04/07

リビー容疑者:「工作員名暴露はブッシュ大統領も承認済み」

ニューヨーク・サン紙のジョシュ・ガースティン記者のスクープ記事によれば、CIA工作員名漏洩事件調査で偽証の罪に問われている元副大統領補佐官リビー容疑者が、タイムズ紙記者への機密漏洩の違法性をめぐる反証として、「タイムズ紙ジュディス・ミラー記者へ提供された情報は(ホワイトハウス機密書類の)国家情報評価報告書から引用」したが、記者への機密情報公開については「ブッシュ大統領も承認済み」であり、従って工作員名を記者に告げた当該行為は違法ではない・・・と大陪審で主張したという。

ニューヨーク・サン紙の記事には、フィッツジェラルド特別検察官の法廷関係書類が添付されている。

この『プレイムゲート』事件をめぐる一連の捜査で、ブッシュ大統領が直接機密漏洩行為に関わっていたという証言が初めて飛び出したことで、NSA盗聴命令事件---上院で大統領問責決議に向けて討議が進行中---に加えて、大統領と法の権威をめぐる議論がよりいっそう沸騰する可能性がある。

午前6時追記:ナショナルジャーナル誌のムレイ・ワース記者が詳報を伝えている。すでに大手メディアも「大統領が機密漏洩を承認」と報じており、ワシントン周辺ではすでに大騒ぎになっている。

これは大変な展開だ。なにしろリビー容疑者の証言によれば、チェイニー副大統領が部下のリビー容疑者に、国家機密であるCIA工作員の実名をタイムズ紙記者(ジュディス・ミラー)へ教えるよう指示し「これは大統領も承認しているから」とチェイニー自身が説明したというのだ。

もはやチェイニーとブッシュは大陪審へ出廷する以外にない。二人は反証するか?あるいは、ウソをついて誤魔化し通すか?「戦時大統領には機密漏洩の権利がある」とNSA盗聴指示事件同様の主張をするか?どれも短時間ではスピン不可能だ。しかも今年11月は米議会選挙で、イラク泥沼化・移民問題・宗教右派離反等の問題を抱える共和党は、南部ですら苦戦が予測されている。

ブッシュ政権にとってさらに悪いことに、現在米議会内部では、下院の共和党議員の一部(ノースカロライナ州ウォルター・ジョーンズ議員、メリーランド州ウェイン・ジルキリスト議員、アイオワ州ジム・リーチ議員、テキサス州ロン・ポール議員)が党指導部に反旗を翻し、反戦市民連合(Win Without War)と連帯する動きをみせている。ホワイトハウスに背を向ける共和党議員も急増している

漏洩の責任を認めれば『国家反逆罪(treason)』と国民から罵られるだろう。ブッシュ大統領自身、2003年9月に「(政権内部で)法に背いた者は処分される」と堂々発言している大統領と副大統領は、どちらかが年内に起訴されるか、辞任するしかない。ブッシュがこの問題を切り抜ける唯一の道は、年内に国内で『アルカイダのテロ』が発生するか、イラン侵攻を選挙直前に開始するかであろう。(すでにペンタゴン内部はイラン侵攻を決定済みと言われ、英国政府内もイラン侵攻に向けて準備を進めているとみられている。)

ブッシュ政権の暴走が阻止されない限り、悲惨な犠牲を伴う無意味な戦争はさらに拡大されるだろう。その鍵は米国民の世論が握っている。

2006/02/10

「チェイニー副大統領から承認を得て機密を漏洩」リビー容疑者が自白

CIA工作員名を漏洩した容疑で起訴済みのルイス“スクーター”リビー元副大統領首席補佐官が、ジャーナリストへの機密漏洩は副大統領やブッシュ政権内の他の閣僚の承認の下で行われていたと連邦大審問で証言していたことが判明した。ナショナルジャーナル誌2006年2月9日の報道

今のところ、リビー容疑者の偽証罪に関する裁判は、2007年1月から開始される予定となっており、2006年の中間選挙で共和党側へ悪影響を及ぼさないよう“配慮”されたスケジュールとなっている。しかし、チェイニー副大統領が機密漏洩を指示していた事実が暴露された今、大統領及び副大統領の辞任を求める声が高まるのは必至の情勢となった。

加えて、リビー容疑者の捜査に伴いホワイトハウス執務室の関係書類押収が決定したという内部情報を入手したゴンザレス司法長官は、捜査員が来る直前にホワイトハウス側に操作情報を漏らし、電子メール削除などの証拠隠滅を助けたという新たな疑惑も持ち上がっている。すでにホワイトハウス側が証拠書類の隠滅を図った事実についてフィッツジェラルド特別検察官は調べ始めているので、今後の調査の進展によっては司法長官の辞任も必至となる。

2005/12/16

ボブ・ノヴァック:「大統領は機密漏洩について知っている」

CIA工作員名漏洩事件(バレリー・プレイム事件)で、自らの記事で最初に工作員名を漏洩した保守派評論家ボブ・ノヴァックが、仲良しのブッシュ政権に対して以下の爆弾発言をしている。(source:ワシントンポスト紙2005年12月15日付報道

「ブッシュ大統領が漏洩犯人を知っているのは間違いない。知らないとしたら驚きだよ。」

また、ノヴァック氏は、自分に機密漏洩した人物は、2003年夏にワシントンポストのスター記者、ボブ・ウッドワード氏に情報を漏洩した人物と同一であると話している。

今のところ、ホワイトハウス側はノヴァック氏の主張を完全否定している

ノヴァックといえば、漏洩事件捜査の責任者フィッツジェラルド特別検察官に追求され、いち早く司法取引を申し出た人物。漏洩元の1人であるカール・ローブ大統領主席顧問とも長い付き合いで、この二人組は父ブッシュ政権時代にも大統領再選に不利な政権情報をリークしている。

2005/11/21

ポスト紙記者にCIA工作員名を漏洩した情報源はハドリー国家安全保障担当大統領補佐官

英サンデータイムズ紙によると、ウォーターゲート事件調査報道で知られる米新聞界で最も有名な記者の1人、ワシントンポスト紙のウッドワード氏(現編集局次長)にCIA工作員名(ヴァレリー・プレイム)について漏洩したホワイトハウスの情報源は、国家安全保障担当大統領補佐官スティーブン・ハドレーであると、同事件関係者の或る弁護士は話しているという。

大統領補佐官ハドレー氏は、今週アジア各国を歴訪中のブッシュ大統領に同行中。韓国で行われた公式記者会見の場で、ハドレー氏本人は当該事件に関する質問への回答を拒んでいる。source

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31