カテゴリー

アクセスの多い記事

イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策

2006/08/11

亀裂、対立、確執:ブッシュ政権の内部紛争

ワシントン周辺で「親密すぎる」と邪推されるブッシュ大統領とライス国務長官が、波乱の時期を迎えている。イスラエルのレバノン侵攻をめぐる対応を通して、ブッシュ政権内部の紛争を伝える報道が相次いでいるのだ。

まずは、オンラインニュースサイト・サロンドットコムに掲載されたスクープから以下に一部を引用(強調は訳者による、以下同様)

ネオコンの次の戦争


NSAの諜報をイスラエルに密かに提供し、コンディ・ライスを攻撃することで、ブッシュ政権内部の強硬派は中東紛争を止めるどころか、イランとシリアに拡大させようとしている。


by シドニー・ブルメンサール:サロンドットコム2006年8月3日付記事

米国家安全保障局は、イスラエル北部に大量のミサイルを発射するヒズボラへシリアとイランが新しい兵器を支給しているかどうか監視するために、イスラエル側に通信諜報を提供していると、同作戦を直接知る立場にあるNSA職員は言った。ブッシュ大統領はこの秘密作戦を承認しているという。

政権内部では、ディック・チェイニーの国防関連補佐をするネオコン達や、国家安全保障理事会上級理事を務めるネオコンの1人、エリオット・エイブラムスが、NSAのイスラエル支援作戦を指揮する主役達で、彼等はシリアとイランの武器供給活動により、イスラエルが両国を爆撃する口実となりうると考えている、と同作戦の内情を知る関係者達は言っている。(過去にも様々な政府諜報が、NSAが収集した諜報も含めて、様々な目的でイスラエルに提供されてきた。)ネオコン集団は、NSAの諜報能力を利用してイスラエルとヒズボラ、ハマスの闘争を(シリア、イランを加えた)4つ巴の戦争に拡大出来る可能性に熱狂しているといわれている。

国務長官コンドリーザ・ライスは当該事情について「簡単な説明を受け」、「関係者」に名を連ねるが、ネオコン集団の秘密のシナリオを進める上で主要な役割を果たしていない。彼女への「説明」とは、国務長官を威圧し隅に押しやるための政権内部の紛争という側面があるようだ。最近、イランの核兵器開発を抑止する外交努力に反対する著名なネオコン達から、ライス長官は攻撃されている。
(以下略)


このところ大忙しのNSAは、相変わらず職員のリーク防止まで手がまわらない様子だ。(NSA関連を得意とするジャーナリスト、ジェイムズ・バムフォードも最近は続々と雑誌にスクープ記事を書いている。)

続きを読む "亀裂、対立、確執:ブッシュ政権の内部紛争" »

2006/08/08

イスラエルのレバノン侵攻における軍事広報戦略

Fiasco

ワシントンポスト紙ペンタゴン担当記者トム・リックスの話題の新著『Fiasco: The American Military Adventure in Iraq

The Best War Ever

プロパガンダ研究家ジョン・スタウバーとシェルダン・ランプトンの新刊『 The Best War Ever


米CNN放送で8月6日に放送されたニュース番組『CNN RELIABLE SOURCES』で、現在進行中のイスラエルによるレバノン侵攻軍事作戦について驚くべき談話が飛び出したので以下に引用する(強調は訳者):

ハワード・カーツ(CNN番組ホスト):
「本日ここワシントンのスタジオにはABCニュースのホワイトハウス詰め記者アン・コントンとワシントンポスト紙ペンタゴン担当記者で新刊書『Fiasco: The American Military Adventure in Iraq』の著者であるトーマス・リックスを迎えています。

トム・リックス、あなたはイラクを含めて軍事紛争をたくさん取材してらっしゃいますが、軍隊同士が互いに撃ち合っているような類の紛争ではない状況の中で、市民の犠牲者の増加がいよいよ大きな問題になりつつあるんでしょうか?」
トーマス・リックス記者:
「そのとおりだと思います。ただ、現在では、市民の犠牲者に関しては、両軍にとって戦場の一部になっていると思います。その一例を挙げますと、一部の米軍アナリスト達の話によれば、イスラエルはレバノンから発射されるヒズボラのロケットを意図的に放置していて、その理由としては、ロケットが発射されていればイスラエル側もレバノン侵攻に関する道徳上の均衡を保つことができるということです。」
カーツ:
「ちょっと待って下さい、イスラエル側が、基本的にはPR目的のために、イスラエル市民の犠牲が出ればPR戦争上有利になるという理由で、意図的にヒズボラ側の火力を維持させていると言うんですか?」
リックス:
「ええ、軍事アナリスト達はそう言ってました。」
カーツ:
「それは意外なことですね。自国の市民を殺させることが自国の利益に繋がるという発想が、誰も自国の市民が殺されるのを見たくはないが、この戦争への認識という観点では自国の利益に働くということですか。」
リックス:
「そのとおりです。道徳上の優位性という問題に関して役に立つんです。なにしろ、レバノン侵攻作戦では市民が同様に殺されていくでしょうからね。」(以下略)

hezbollah Bizcard

もちろんヒズボラ側にもプロパガンダ戦略はあるのだろう。しかしスピーゲル誌によればその活動はイスラエルほど専門性はないようだ。上の写真はヒズボラ広報担当者の名刺。(source


イスラエルがヒズボラのロケット攻撃を故意に放置してイスラエル市民の犠牲者増加を戦争プロパガンダに利用している?・・・この証言の真偽を確かめる術は今のところないが、確かに現在行われているイスラエルのレバノン爆撃は、ヒズボラ側のロケット攻撃を阻止するという点では的外れであるように見える。注1何よりもまず、現在進行中のイスラエルによるレバノン侵攻作戦が、10年前に米新保守派(ネオコン)活動家達がイスラエル首相に提案した「クリーン・ブレイク」戦略に沿ったものだとすれば、イスラエル政府側のヒズボラロケットへの一見無策に見える対応にも、また違った意味が感じ取れるのである。

注:例えば、イスラエルの爆撃により多数のレバノン市民が殺されたレバノン南部のカナ村には、ヒズボラのロケット発射拠点はなかったといわれている。ここをあえてイスラエルが爆撃した理由は、ヒズボラ及びアルカイダ側への挑発という意図があるかもしれない。オサマ・ビン・ラディンが米国本土攻撃を思い立ったのは、10年前の1996年、イスラエルがカナ村を空爆し多数のレバノン市民が虐殺された事件(イスラエル軍作戦コードネーム:怒りの葡萄作戦 "Operation Grapes of Wrath")がキッカケといわれている。ちなみに今回のカナ村空爆には例によって米国製のバンカーバスター爆弾が使用されている。)

8月7日の時点では、イスラエル市民の犠牲者数は36人、レバノン市民の犠牲者数は1,000人を超えたという。

イスラエルの軍事広報戦略については、すでに独スピーゲル誌が興味深い報道を伝えているので以下に翻訳して掲載しておこう。

続きを読む "イスラエルのレバノン侵攻における軍事広報戦略" »

2006/07/19

ラリー・ジョンソン:「イスラエルの愚かな選択」

元CIAテロ対策アナリストで、現在はセキュリティコンサルティング企業BERG Associates社CEOとして報道番組等で活躍中のテロ専門家ラリー・ジョンソン氏のブログ『NO QUARTER』から、イスラエルのレバノン攻撃に関する7月15日付記事を以下に全文翻訳して掲載。

(参考)イスラエルとヒズボラの戦闘、及びイスラエル軍によるレバノン侵攻までの経過

ワシントンポスト紙の報道から抜粋)

6月25日、イスラエルのガザ地区撤退以来初めて、パレスティナの武装兵士達がガザ地区からイスラエル側を急襲し、イスラエル兵2人を殺害、19歳の兵士1人が拉致された。拉致された兵士の救出のため、イスラエル軍はただちに戦車とブルドーザーでガザ地区へ侵攻し、空軍によるガザ地区への空爆も開始された。

7月3日、イスラム原理主義組織ハマスの発射したロケットがイスラエルの都市アシュケロンに着弾し、紛争は激化。7月12日にはイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラがイスラエル・シュローミ市街のイスラエル軍施設に向けてカチューシャロケットを発射し、さらにイスラエル国境沿いの街シュトゥラではヒズボラ武装兵士達がイスラエル軍兵士の車列を待ち伏せ攻撃し、イスラエル兵士の内二人が死亡、二人が負傷し、さらに二人がヒズボラ側に拉致された。

イスラエルはヒズボラの行為を戦争と見なしただちに反撃を開始、レバノン南部の市街地にある道路、発電所等を爆撃で破壊した。イスラエル側はヒズボラの武装解除と人質となったイスラエル兵士の解放を要求、ヒズボラ側はイスラエル側に拘束されている政治犯の釈放が人質解放の交換条件と主張した。

イスラエル側はその後もガザ地区への空爆を激化させ、一般市民の犠牲者が増加している。さらにイスラエル海軍はレバノン沿岸を海上封鎖し、レバノン・ベイルート国際空港や道路・橋等を爆撃し破壊。ヒズボラ側もイスラエル北部へのロケット攻撃を行い、イスラエル側は二人の犠牲者を出した。現在もイスラエル軍によるレバノン、ガザ地区への攻撃は継続中で、ヒズボラ側は全面戦争を宣言し、イスラエルのオルメルト首相も戦闘継続を宣言しており、戦争が長期化する懸念も出ている。レバノンでは在住外国人の国外脱出が始まり、レバノン市民の避難民はすでに40万人に達している。

イスラエルの攻撃を支持し、国連安全保障理事会での議長声明による停戦呼びかけに反対したアメリカ政府は、ヒズボラを密かに支援しているとされるイランとシリアへ非難の姿勢を強めており、中東全面戦争の危険性はいよいよ高まっている。

続きを読む "ラリー・ジョンソン:「イスラエルの愚かな選択」 " »

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31