カテゴリー

アクセスの多い記事

チェス名人ボビー・フィッシャー

2008/01/19

”チェスの天才”ボビー・フィッシャー氏が死去

米国生まれの元チェス世界チャンピオン、ボビー・フィッシャー氏が、17日木曜日にアイスランド首都レイキャビクの病院で亡くなったことが、アイスランド公共放送の報道で明らかになった。享年64歳。死亡原因は明らかにされていない。

シカゴで生まれ、ニューヨーク・ブルックリンで育ったフィッシャー氏(本名ロバート・ジェイムズ・フィッシャー)は、6歳で姉からチェスのセットを買い与えられたのをきっかけにチェスを習いはじめ、8歳になるとマンハッタン・チェス・クラブに出入りして腕を磨き、12歳の頃には米国内最強プレイヤーの1人とされ、15歳ですでにチェス名人の位を獲得していた。東西冷戦中の1972年、29歳のフィッシャー氏は、アイスランド・レイキャビクで開催されたチェス世界大会で、ソ連のチェス名人で当時世界チャンピオンのボリス・スパスキー氏を破り、世界チャンピオンになった。アメリカ人で同タイトルを獲得したのは現在に至るもボビー・フィッシャー氏だけである。以上ワシントンポスト紙より

I.Q. 181とも言われる頭脳を持つフィッシャー氏は、気難しい性格でも知られていた。ドイツ人物理学者の父ゲルハルト・フィッシャーとスイス人の母レジーナ・ヴェンダーの間に生まれたが、2歳の時両親は離婚。姉のジョアンとボビーは母親に引き取られた。スイスで看護婦免許を取得していた母親レジーナは教員をして二人の子を育て、後に平和活動家になったという。72年にチェスチャンピオンになったボビーが再選を目指すニクソン大統領を賞賛する一方で、母親は民主党のライバル候補、ジョージ・マクガバンを応援した。

母レジーナはユダヤ人であったが、息子のボビーは年を重ねるにつれてユダヤ人を憎悪するようになった。しかし親子の連絡は続いていたらしく、1997年に母親が死亡した際、ボビー・フィッシャー氏は悲しみに打ちひしがれていたという。母の死後まもなく姉も亡くなり、二人の死によってフィッシャー氏は調子を崩していったと知人は話している。以上NYタイムズ紙より

(ボビー・フィッシャー氏関連過去記事)


2005/03/25

英ガーディアン紙:「ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えた」

英ガーディアン紙2005/03/23付け記事を以下に全文翻訳して掲載。(記事中リンクは訳者による)英国流のひねくれたセンスが見事に発揮された良い記事だと思う。(本人には失礼だろうが、記事タイトルも絶妙)

3月23日、東日本入国管理センターに8ヶ月間も拘束されていた元チェス名人ボビー・フィッシャーは、アイスランド市民権を得て同国に無事出国した

フィッシャーさん、あなたに平穏無事な日々が訪れますように。

ボビー・フィッシャー関連の過去記事

続きを読む "英ガーディアン紙:「ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えた」" »

2004/09/01

アメリカの「拷問と処刑」を恐れるフィッシャー

英サンデー・テレグラフ紙2004/08/31付記事を以下に翻訳掲載。(文中リンクは訳者による)

過去記事でも触れている元世界チェス王者ボビー・フィッシャー氏は、最新のインタビューでも絶好調の毒舌を披露している。極めて困難な状況に直面しているのに、本人の言葉には裏切り国家である日本への敵意と共に、どことなく機知とユーモアを感じてしまう。チェスで馴らした洞察力により、勝機を見出しているのだろうか。

続きを読む "アメリカの「拷問と処刑」を恐れるフィッシャー" »

2004/07/26

2003年11月、東京・蒲田にボビー・フィッシャーを探して・・・

今月半ばに、「チェス元王者を収容 成田で入管難民法違反容疑」というニュースが配信され、海外でもちょっとした話題になったが、この件の背景となる事情をうまく説明したと思われる記事を昨年読んでいた記憶があったので、探し出して全文翻訳し以下に掲載。

フィッシャー氏の政治的(?)発言には何ら興味を惹かれないが、FBIがフィッシャー氏を告発する理由には全く呆れてしまう。経済制裁の相手国にチェス対局に出かけて賞金を持ち帰るチェス名人は、「悪の枢軸国」からコッソリ大金を受け取る国防長官副大統領よりも罪が重いというのか?

続きを読む "2003年11月、東京・蒲田にボビー・フィッシャーを探して・・・" »

その他のカテゴリー

2008年度大統領選挙 | 911合衆国同時多発テロ事件 | Bookmarked Headlines | CIA関連 | NSAの令状なし盗聴問題 | This is not America | もったいない | アジア関連 | アフガニスタン | アフリカ | アメリカの正義 | アメリカの銃問題 | アルカイダとビン・ラディン | イギリス政府の犯罪 | イスラエルのレバノン侵攻と中東「クリーン・ブレイク」政策 | イラク侵攻の口実とWMD情報の捏造 | イラク戦争 | インドとパキスタン | ウィキリークス | オバマ政権 | オーストラリア | カナダ:穏やかな隣人たち | ケネディ暗殺 | コラム:ポール・クルーグマン | コンドリーザ・ライス | シュワルツネガー:政策なき野心家 | ジャック・エイブラモフ事件(共和党スーパーロビイストの米議会買収事件) | スマトラ沖地震 | チェス名人ボビー・フィッシャー | チキンホークとネオコン | テロの脅威、テロ対策の脅威 | ネオコンチームの秘密 | ハイチ情勢 | ハリケーン・カトリーナ大災害 | ハリケーン大災害 | ブッシュの違法盗聴命令 | ブッシュファミリーの秘密 | ブッシュ政権 | ブッシュ関係者の事件 | ブレアのイギリス | プレイムゲート:CIA工作員名漏洩事件 | ホワイトハウスの陰謀 | ボブ・ハーバート | ポリティカル・ジョーク | マイケル・ムーア関連記事 | ミャンマー(ビルマ)情勢 | メディアと大衆操作 | ヨーロッパ関連 | ランディ・カニンガム事件 | リベラルコンテンツ | ロンドン同時多発テロ事件 | 中東情勢 | 人種差別 | 伝説のド根性政治家マイク・グラベル | 兵士たちの戦争 | 劣化ウラン弾 | 北朝鮮 | 北朝鮮崩壊への道 | 医療問題 | 反ブッシュ | 合衆国の選挙不正 | 合衆国執行大統領ディック・チェイニー | 合衆国大統領の演説 | 合衆国大統領弾劾 | 国民監視計画:ブッシュが認めた憲法違反 | 国連 | 宗教と政治 | 宗教国家アメリカ | 小泉政権 driven by Bush政権© | 怪人プーチンのロシア | 政界ゴシップ | 日米関係 | 書籍・雑誌 | 有名人と政治 | 未解決事件 | 民族問題 | 海外から見る日本 | 狂牛病問題 | 環境問題 | 米中関係 | 米国の教育問題 | 米国の雇用問題 | 米国世論調査 | 米議会スキャンダル | 英国世論調査 | 貧困・飢餓大国アメリカ | 貧困問題 | 貧困問題:アメリカ | 資本主義の暴走 | 資源戦争 | 軍需産業 | 遥かなる平和への祈り | 選挙 | 食の安全問題 | 911同時多発テロの謎

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31